トップページ 会社概要 交通アクセス 採用情報 会社概要
 磁束密度波形制御装置 Bcon
 高速な波形制御をFPGAにより実現
 正確な評価には磁束密度波形の制御が大切です。

モータの設計に必要な軟磁性材料の電磁鋼板の磁気特性はリング試料やエプスタイン試験枠や単板磁気試験枠で測定しますが、複数の試料の測定に励磁条件を同一にして測定することが重要となり、この磁束密度波形制御装置を使用することで磁束密度波形を正弦波に制御することができます。
磁束密度波形制御装置
Bcon-01

磁気特性測定の波形制御に

波形制御にFPGA (field-programmable gate array) を採用し高速な測定を実現しました。
測定時間はソフトウェア制御に比較して1/50以下に短時間で測定できます。※当社比
測定周波数は 50Hz〜1kHz
入力はB コイル、H コイル、シャント抵抗の接続を考慮しています。また、補助入力が1CHあり、同期して測定したい信号を入力できます。
制御波形(正弦波)の歪み率、振幅率は任意に設定ができます。

単板磁気試験機枠と組合
測定期間 約1/49(当社比)




 高周波対応交流磁気特性測定装置 Bcon-HF
 20kHzまでの磁束密度波形制御を実現
 正確な評価には磁束密度波形の制御が大切です。

モータの設計に必要な軟磁性材料の電磁鋼板の磁気特性はリング試料、エプスタイン試験枠や単板磁気試験枠で測定しますが、複数の試料の測定に励磁条件を同一にして測定し、評価することが重要となります。
デジタルフィードバックによる磁束密度波形制御技術を使用することで磁束密度波形を正弦波に制御します。
正弦波制御波形の歪み率、振幅率は任意に設定ができます。
応力を付加した状態で磁気測定を可能とする応力負荷型単板磁気試験器枠の製作もいたします。
各種試験器枠のご要望にお答えします。

明解なユーザーインターフェース



仕様




◆ 応力負荷型単板磁気試験器 ◆ 磁束密度波形制御装置
◆ 熱的損失可視化装置 ◆ 2次元磁気特性可視化装置
◆ 2次元単板磁気試験器 ◆ 受託測定サービス
◆ 応用開発品

システム事業
マスプロ事業
車両事業
RC事業
技術開発
応力負荷型単板磁気試験器
磁束密度波形制御装置
 ・Bcon-01
 ・Bcon-HF
熱的損失可視化装置
2次元磁気特性可視化装置
2次元単板磁気試験器
受託測定サービス
応用開発品
   ・プリアンプ
 ・歩行器の電動化装置


株式会社 ブライテック
本社/大分生産本部
大分市大字海原739番地3 TEL(097)574-7899 FAX(097)574-7830
Copyright 20017 Brightec co.,LTD .All Rights Reserved.